次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

【旅行豆知識】海外のカード支払い。現地通貨と日本円どちらが良いの?

旅行マメ知識

【旅行豆知識】海外のカード支払い。現地通貨と日本円どちらが良いの?
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

◎海外旅行、日本円か現地通貨かどっちにする?

海外でのクレジットカード支払いで注意すべきこと。

具体的には日本円か現地通貨かどっちにする?と聞かれたら
どちらを選ぶべきなのかを検証したいと思う。

最近海外でクレジットカード支払い時にVISAカードを出すと
「現地通貨にするか日本円にするか?」
「通貨選べるよ」とやたらとご親切なオファーを
言われることが多くなった。

このオファー受けていいか拒否るか
これ咄嗟に判断するの凄く難しくない?

私には難しかった。

何故ならどっちが損か得か明確な答えを
持ち合わせてなかったから。

なのでじっくり検証したり調べてみたりで
私なりの答えが出たので書いてみる。

出典 http://kyuinkyuim.blog71.fc2.com

ラスベガスの某ブランド店で買い物をした時のことである。
そこそこの値段が張る買い物だったので
ソファに座ってゆったり会計するという方式であった。

AMEXとVISAカードどっちを出すか迷ったのだが
AMEXって為替手数料(換算レート)があまり消費者に有利ではないので
VISAを出したらお店の人が

「日本円建てとドル建てどっちで支払いますか?」

と聞いてきた。
ブルータスお前もかの心境である。

アジアの主要都市、シンガポール、バンコク、香港等では五年前くらいから
この「通貨を選んで決済できる」という方式が時々トラップのごとく
出現していた。

シンガポールや香港のホテルでの決済時、不意打ちのように
通貨選択を迫られてびっくりしたんだけど、

会計の時はどんなに相手を待たせても念入りにチェックするという
ルールを自分に課してるため、

(海外で間違った会計をやらかすと、
後始末で膨大な無駄時間を取られるどころか
結局お金は返ってこない確率が高いという
キュイン経験値に基づく自分ルールです)

得意の暗算でちゃんと算出したところ、
ざっくり計算の割に円の換算レートがありえない手数料で
ドン引きした覚えがありまして、
一見親切を装ったこの「通貨が選択できるよ方式」に
良い印象を持っていなかったんだが

たまたまラスベガスでのショッピング
店員さんがとてもいい人で
買うまで散々コミュニケーションとってたので仲良くなってたこともあり

「これ日本円建てで払うとお得ってことあるの?」

って単刀直入に
聞いてみたところ

「そういえばそうですよね〜。考えたこともなかったけど
計算してみますか?」


って言ってくれて

その場でiPhoneの為替計算アプリを立ち上げてみたところ
衝撃の事実が明らかになったのである。

あまりにも常識を超えた率の罠が仕掛けられてたのだ。

その場で確定する円とドルの為替レートは
空港の両替所で現金を変えるよりもひどい
為替手数料が載っていたのである。

わかりやすくするために
その時のドルが1ドル約100円だったとしよう。
計算は108.50円くらいでされていた。
手数料率は8.50%である。

おいおい

普通に現地通貨のまま決済すれば
VISAとマスターの手数料は
1.63%であるからして6.87%余分に支払う必要があった。

この率は店側が自由に設定できるため
これを8.50%ではなく18%とすることも可能
と考えると結構なトラップだと思う

わかりやすく言うとこの為替換算レート
今回の店側が設定したものを受け入れると
3000ドルの買い物の6.87%は約200ドルに相当する

何が辛くて200ドルも本来払う必要のない手数料を
ふとした気の迷いから日本円建てを選んだだけで
余分に取られなきゃなんないの?
というのが正直な気持ちであった。

(考えない読まない計算しないバカに課される
罰金みたいなもんか?)

そしてこれって為替レートの良し悪しに
一喜一憂するのがバカバカしい率なのよね。
どんな為替の乱高下があっても8.50%はさすがに1日で
動くことはない(英国のEU離脱とかは毎日起こらないのでね)
そもそも休みで旅行してる時って
ホリデーシーズン市場が動いてなかたりするからね。

それに私、200ドルをドウデモイイ金額と思うほど
大金持ちではないんで、

(20ドルだって余計な出費は嫌よ)

これは到底納得できない金額であるので
現地通貨払いを選択することになるのであるが、

もちろんこの結果を店員さんに見せたら驚愕しておった。
雇われ店員さんにこの為替手数料の率を決める権限なんかあるわけなく
ブランドとしてその率を設定してるのであろうことは
よくわかったので、恐縮する店員さんをなぐさめつつ
「ドル(現地通貨)で支払うね」
と言ったら
「もちろんです!」とのやりとりがあったのだ。

出典 http://kyuinkyuim.blog71.fc2.com

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
123
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!